竹内香予子(突っ張り棒)の学歴に経歴は?結婚して子供はいるの?カンブリア宮殿

こんにちは。 Takaです。

今回気になったのは、竹内香予子さんです。

竹内香予子さんは、

カンブリア宮殿【あなたの部屋がスッキリ!「突っ張り棒」発明一家】

8月5日(木)23:06〜23:55に出演されます。

日本で初めて「突っ張り棒」を開発した中小企業、

平安伸銅工業3代目を任された女性社長です。

そんな、竹内香予子さんはいったいどんな人物なんでしょう。

なので、竹内香予子さんの学歴に経歴は?結婚して子供はいるの?

について気になりいろいろ調べて見ました。

みなさん、一緒に確認していきましょう。

スポンサードリンク

竹内香予子さんの学歴は?

出典 https://woman-type.jp/

竹内香予子さんの簡単なプロフィールですが

名前     竹内 香予子(たけうち かよこ)

生年月日   1982年7月 生まれ

出身     兵庫県宝塚市

竹内香予子さんは、、京都府京都市ある

同志社中学校を受験されたようです。

同志社中学校は、市販の教科書はあまり用いられず、

独自のサブテキストやプリントが使われたり、

ときには高校レベルの授業が行われることもあるそうです。

長期休暇中の課題や補習などが課されることはなく、代わりに自由研究が中心。

自由研究を提出しなくても成績評価に関係ないが、生徒の90%以上が取り組んでいます。

同志社高等学校は、ホームルームを基礎とした共通履修科目と、

2年生からの多彩な自由選択科目からなるカリキュラムを実施しており

教科の枠を超え、物事を色々な視点でとらえて学ぶことを重視しているそうです。

竹内香予子さんの大学は

同志社大学 文学部 社会学科 新聞学専攻

です。

最終学歴が、同志社大学なので中学・高校は同志社で間違いないと思われます。

そんな竹内香予子さんの、学生生活は

自由な校風で、自主的に勉学に取り組む事から

高校3年生の時に、現代文の授業で自由なテーマで

作品を仕上げて文集にする課題があったそうです。

そのテーマが、祖母の学生時代の被爆体験で

祖母に話しを聞くと、かなり辛い体験ののため

最後まで話しを聞くことが出来ず、自分の無力さを痛感したそうです。

その経験から、報道の仕事に興味を持つようになりました。

そこで大学は、社会学科 新聞学専攻になったようです。

大学時代は、大学4年生の時に1年間中国・北京に留学しています。

その北京で、大規模なデモと暴徒化した学生を目の当たりにします。

反日感情もあり、仲の良かった中国人の友人から

あなたのことは好きだけど、日本は嫌いで信じられない

と言われたそうです。

私も、テレビのニュースなどで見ましたが

日本では考えられない事ですよね。

それを、目の当たりにし経験するとは

かなりの恐怖感があったのではないでしょうか。

竹内香予子さんの経歴は?

竹内香予子さんは、3人姉妹の末っ子として生まれました。

学生時代の事は、前にも書いてありますが

大学卒業後は、2006年秋に産経新聞に入社します。

中国留学し経験したことで、社会で起きている

出来事を世の中に伝えたいと思ったそうです。

配属は、大津支局で事件や事故に行政などを担当されました。

そんな時、ある事故で女性が亡くなりその友人に取材を任されたそうです。

しかし、高校の時に祖母に話しを聞けなかったように

亡くなった友人にも、深く話を聞けなかったそうです。

余程、心苦しかったのでしょう。

そこで挫折してしまい、次の仕事を探そうと母親に伝えたそうです。

そんな竹内香予子さんを、交際相手の彼氏と彼氏の母親が支えていたようです。

そんな時、父親の平安伸銅工業の2代目社長が

体力が落ち病気で弱っている事を聞かされました。

数ヶ月間考え、彼氏とも話をした結果

母親は皮膚科の開業医、姉2人は医師と歯科医をしており

父親を支える事は、私にしかできないことなんじゃないか

と考え、2010年1月に産経新聞を退職。

父親をサポートし、自分で責任を持つ仕事をしたいと平安伸銅工業株式会社に入社します。

その後、つっぱり棒博士、整理収納アドバイザーと活躍し

2015年につっぱり棒の業界トップシェアメーカー

「平安伸銅工業」の三代目社長に就任します。

現在、あらゆるつっぱり棒を熟知し、整理・収納にとらわれない

新しい使い方や商品開発に力を注いでいます。

各家庭には、必ずつっぱり棒はありますね。

私の家にも、10本ぐらいあります。

本当に、便利です。

スポンサードリンク

竹内香予子さんは結婚して子供はいるの?

竹内香予子さんは結婚されております。

ご主人のお名前は、竹内一宏さんです。

竹内一之さんは、広島の大学を卒業後、建築関係のお仕事をされており、

地元の滋賀県庁に勤務されていたようです。

滋賀県庁に勤務されていたという事は、

竹内香予子さんは、産経新聞時代大津支局に配属されていますから

その時に出会ったのでしょう。

挫折した時に支えてくれたのは、竹内一之さんですね。

さらに、竹内香予子さんが経営者になって3年ほどして、

会社を変えたいと思っていた時、一緒に経営の勉強をしてくれたり、

建築の知識でご主人の一之さんがサポートしてくれたようです。

そして現在、平安伸銅株式会社の常務取締役として活躍されています。

夫婦二人三脚で、頑張っておられるのですね。

人柄的にも、社員の方にも恵まれているように思えます。

お子様が、いらっしゃるか不明でした。

4代目が、楽しみですね。

今回、平安伸銅工業女性社長の竹内香予子さんについて調べて見ました。

今後の活躍もまだまだ続きそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

もっと知りたい、他の経営者

もっと知りたい、他の経営者はこちらで書いております。

もっと知りたい、黒川健太(生産者直売のれん会)

もっと知りたい、柴田裕(キーコーヒー)

もっと知りたい、水留浩一(スシロー社長)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする