クリストルウェバー「2022年役員報酬1億円以上第4位」の会社に経歴と報酬額を調査。

 

こんにちは、Takaです。

 

今回気になったのは、

2022年役員報酬1億円以上第4位の

クリストルウェバーさんです。

 

2022年、役員報酬1億円以上663人で史上最多人数

今年新たに226人が登場しました。

 

そんなクリストルウェバーさんは、

いったいどこの企業人物なんでしょう。

 

なので、クリストルウェバーさんの企業や経歴と

報酬額を調べて見ました。

 

皆さん、一緒に確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

クリストルウェバーさんの企業は?

 

武田薬品工業株式会社

 

出典 https://ja.wikipedia.org/

 

武田薬品工業株式会社は、大阪府大阪市中央区と

東京都中央区に本社を置く日本の製薬会社です。

 

事業内容は、

医薬品、医療用医薬品その他化学製品ならびに前記各製品に関する

機械器具・装置の生産および販売などの製造・販売。

 

コンピューターによる情報処理サービス業、

ソフトウェアの開発、売買および情報提供サービス業。

 

事業支援ならびに経営に関する助言、指導および援助。

 

貨物自動車運送事業および貨物利用運送事業。

 

倉庫業。

 

出版業。

 

不動産の管理、売買および賃貸借。

 

前各号に関する付帯関連する事業。

 

 

クリストルウェバーさんの経歴は?

 

引用 https://www.takeda.com/

 

クリストルウェバーさんは、

フランス共和国出身の実業家、薬学・薬物動態学博士。

 

グラクソ・スミスクライン バイオロジカルズ社CEO等を経て、

武田薬品工業代表取締役社長CEOです。

 

フランス共和国ストラスブールで医師の両親のもと生まれます。

 

一族には医師や大学教授が多く、姉も心臓病専門医です。

 

15歳のとき一緒に登山をしていた父を雪崩事故で亡くす。

 

その後弟も交通事故で死去。

 

1992年リヨン第1大学薬学・薬物動態学博士課程修了、博士号取得。

1993年スミスクライン・ビーチャム入社。

2003年グラクソ・スミスクライン フランス会長兼CEO。

2008年グラクソ・スミスクライン アジア太平洋地域担当上級副社長兼ディレクター。

2012年グラクソ・スミスクライン ワクチン社長兼ゼネラルマネジャー

グラクソ・スミスクライン バイオロジカルズCEO

グラクソ・スミスクライン コーポレート エグゼクティブ チームメンバー。

 

次期CEO含みで2014年に初の外国人社長として

武田薬品工業代表取締役社長COOに就任。

 

2015年から武田薬品工業代表取締役社長CEOを務め、

7兆円規模のシャイアー買収を行うなどしました。

 

日本製薬工業協会副会長なども歴任しています。

 

スポンサードリンク

 

クリストルウェバーさんの報酬額は?

 

2022年の役員報酬額は、18億5千8百万円。

 

前年は、18億7千4百万円で2位。

 

 

もっと知りたい、他の2022年役員報酬1億円以上人物トップ10

 

他の、2022年役員報酬1億円以上の人物トップ10はこちらで書いてます。

 

 

今回、クリストルウェバーさんについて調べて見ました。

 

今後の活躍もまだまだ続きそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。