古森重隆「2022年役員報酬1億円以上第8位」の会社に経歴と報酬額を調査。

 

こんにちは、Takaです。

 

今回気になったのは、

2022年役員報酬1億円以上第8位の

古森重隆さんです。

 

2022年、役員報酬1億円以上663人で史上最多人数

今年新たに226人が登場しました。

 

そんな古森重隆さんは、

いったいどこの企業、人物なんでしょう。

 

なので、古森重隆さんの

企業や経歴と報酬額を調べて見ました。

 

皆さん、一緒に確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

古森重隆さんの企業は?

 

富士フイルムホールディングス株式会社

 

出典 https://ja.wikipedia.org/

 

富士フイルムホールディングス株式会社は、富士フイルムと

富士フイルムビジネスイノベーション(旧:富士ゼロックス)を

傘下に持つ持株会社です。

 

1934年(昭和9年)に写真フィルムの国産化を目指すため、

大日本セルロイド(現:ダイセル)の写真事業を分社して

富士写真フイルム株式会社として設立されます。

 

1962年(昭和37年)に英国のランク・ゼロックスと業務提携を締結し

複写機メーカー・富士ゼロックス株式会社を発足。

 

2006年(平成18年)10月1日からは持株会社制に移行し、

写真部門の事業を新設した富士フイルム株式会社に継承し

現在の富士フイルムホールディングスに商号変更して

純粋持株会社とります。

 

 

古森重隆さんの経歴は?

 

引用 https://akipoli.com/

 

古森重隆さんは、長崎県出身。

 

出身高校 長崎県立長崎西高等学校

 

出身大学 東京大学 経済学部。

 

1963年、当時の富士写真フイルムに入社。

 

主に営業畑を歩みます。

 

1995年取締役営業第二本部長、96年フジフイルムヨーロッパ社長

などを経て、2000年に社長就任。

 

2006年、グループ再編により、富士フイルムホールディングス株式会社と、

傘下の富士フイルム株式会社代表取締役社長・CEO就任。

 

2009年に3億6100万円の役員報酬。

2011年に4億3000万円の役員報酬。

2012年に4億1700万円の役員報酬。

2013年に3億9000万円の役員報酬。

を受けたと報じられます。

 

2004年、写真フィルム事業からの事実上の撤退を決断。

 

フィルム技術を応用した、化粧品や医薬品、医療機器、

液晶用フィルムなど他分野に事業を転換した。

 

同時に大規模な人員整理をおこなう事で、

会社の業績を立て直す事に成功します。

 

スポンサードリンク

 

古森重隆さんの報酬額は?

 

2022年の役員報酬額は、11億2千2百万円。

 

前年は、4億6千5百万円で25位。

 

もっと知りたい、他の2022年役員報酬1億円以上人物トップ10

 

他の、2022年役員報酬1億円以上の人物トップ10はこちらで書いてます。

 

今回、古森重隆さんについて調べて見ました。

 

今後の活躍もまだまだ続きそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。