橘みつ(風俗店オーナー)の経歴や年齢に一流大学卒業とは何処?レベチな人、見つけた

 

こんにちは。 Takaです。

 

 

今回気になったのは、女性専門風俗店オーナーの橘みつさんです。

 

橘みつさんは、23時の密着テレビ「レベチな人、見つけた」

1月11日(火)23時6分〜23時55分放送に出演されます。

 

そんな、橘みつさんはいったいどんな人物なんでしょう。

 

なので、橘みつさんの経歴や年齢に一流大学卒業とは何処?

について気になりいろいろ調べて見ました。

 

みなさん、一緒に確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

橘みつさんの経歴は?

 

出典 https://woman.excite.co.jp/

 

橘みつさんは、一流大学を卒業しエリートとして新卒入社を果たしたにもかかわらず

双極性障害を理由に3カ月でクビになってしまったそうです。

 

双極性障害とは、

躁状態とうつ状態をくりかえす病気です。

 

躁状態とうつ状態は両極端な状態です。

 

その極端な状態をいったりきたりするのが双極性障害です。

 

気分の波は、誰にでもありますが幸せな感じがする時もあれば

悲しい気分の時もあるのは当たり前です。

 

嫌なことがあった時に落ち込んだり、楽しいことがあった時にウキウキしたりするのは、

ごく自然なことで、病気ではありません。

 

しかし、周りの人たちが「どうもいつものあの人とは違う」と気づき、

「ちょっとおかしいのでは?」と思えるほどその気分が行き過ぎていて、

そのために家族や周りの人が困ったり社会的信用を失うほどであったら、

それは、双極性障害かもしれませんとの事です。

 

橘みつさんの症状は、仕事中には気絶するような眠気に襲われて、

終業後はハイテンションに夜遊びだったそうです。

 

結局病院で、双極性障害の診断を受けたそうで

決まった道を外れることは、自分でも全く受け入れられなかったそうです。

 

それで、新卒採用で入社した会社を、たった3ヶ月で解雇されてしまいます。

 

新卒入社した会社を退職して、本格的に体調を崩した時、

臨床心理のカウンセリングに通いはじめました。

 

そこで初めて、自分の認めたくなかったことをカウンセラーと一緒に向き合ってみて

初めて自分のことを受け入れることができるようになったそうです。

 

しかし、まずは稼がないことには生きていけません。

 

それでも身体が動かせない、まともに働けないことに、

一度は絶望しましたが百貨店販売員など転々とし、

結局ホステスとして働くことになりました。

 

いい大学を出たのに、「落ちこぼれてしまった」

ように思ったこともあったようです。

 

業務自体というより、そういった働き方に対して内心では

偏見を持っていた自分に気づき二重にがっかりしたそうです。

 

しかし、女性との会話の方が素直に話せるからという理由が大きく

ホステスを辞め、キャストとして女性向け風俗店で働くことになります。

 

女性向け風俗店で働くことに、ホステスを始める時のような

複雑さや偏見はなかっとようです。

 

そもそも高校時代に、女性とお付き合いもしたことがあり

大学時代よく遊んでいた夜の街には、風俗業の知り合いも多くいたとの事。

 

その後、自分がやりたかったコミュニケーションや接客を実現させるために

どんな業態がいいのか模索していました。

 

それに適しているのが「レズ風俗」という業態にたどり着いたようです。

 

そして現在、対話型レズ風俗店『Relive(リリーヴ)』を立ち上げ経営しています。

 

橘みつさんも、オーナー兼キャストとして働いています。

 

そんな橘みつさんは、自分の事をこのように言ってます。

性格

穏やかな激情家。

 

好きなこと

ダーツ、おいしいもの、バンド。

 

セクシュアリティ

決めてない。

 

得意なこと

人生経験から「弱さ」に寄りそえること。

 

やってきたこと

小規模イベントから本の出版まで。

 

凄いバイタリティにあふれる方ですね。

 

スポンサードリンク

 

橘みつさんの年齢は?

 

橘みつさんは

1993年8月 生まれ

酉年です。

 

生まれ日は、公表されておりませんでした。

 

2021年1月現在で28歳です。

 

橘みつさんの一流大学卒業とは何処?

 

橘みつさんの出身大学は、

国際基督教大学です。

 

本当に、一流大学ですね。

 

大学では、ジェンダーセクシュアリティを学んだそうです。

 

ジェンダーセクシュアリティとは、ジェンダーとセクシュアリティ両方に意味があり

ジェンダーとは社会的な意味合いからみた男女の性区別のこと。

多義的な概念ではありますが、大きくとらえると

「性別にかんすると社会的な規範、性差」を指す言葉として捉えるそうです。

 

セクシュアリティは、「人間の性のあり方」。

ジェンダーはそれに付加された社会的または文化的性差を指しているそうです。

 

なるほどです。

 

前にも書きましたが、ここに橘みつさんがレズ風俗で働く理由があったようです。

 

その理由をこのように話していました。

「学生時代はジェンダー学を専攻していたこともあって、女性が性について話す場が少ない、

当たり前に話せる場が必要だとも感じていました。だからもう「これしかないな」と思って

レズ風俗で働き始めたんです。」と

 

そして橘みつさんの学んだことが、現在独立し今の仕事になっていますね。

 

 

今回、女性専門風俗店オーナーの橘みつさんについて調べて見ました。

 

今後の活躍もまだまだ続きそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

もっと知りたい、他の経営者

 

もっと知りたい、他の経営者はこちらで書いております。

もっと知りたい、八木陽子(経営者)

もっと知りたい、市川加奈(Relight社長)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。