鈴木修「2022年役員報酬1億円以上第6位」の会社に経歴と報酬額を調査。

 

こんにちは、Takaです。

 

今回気になったのは、

2022年役員報酬1億円以上第6位の

鈴木修さんです。

 

2022年、役員報酬1億円以上663人で史上最多人数

今年新たに226人が登場しました。

 

そんな鈴木修さんは、いったいどこの企業

人物なんでしょう。

 

なので、鈴木修さんの企業や経歴と

報酬額を調べて見ました。

 

皆さん、一緒に確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

鈴木修さんの企業は?

 

スズキ株式会社

 

出典 https://ja.wikipedia.org/

 

スズキ株式会社は、静岡県浜松市に本社を置く

日本の大手自動車及び二輪車メーカーです。

 

事業内容

自動車製造。

 

大工から身を起こした鈴木道雄氏により、1909年に織機メーカー

「鈴木式織機製作所」として創業。

 

当初の木製織機からのちには金属製自動織機の生産へ移行し

企業規模を拡大すると共に、精密機械の加工ノウハウを蓄積します。

 

しかし、近代化された力織機はいったん織物工場に納入されると

長年の稼働が可能な耐久商品で代替需要が小さく

将来の販路飽和が予見されたことから、機械技術を活かした多角化策として

早くから自動車産業への進出検討を始めます。

 

本格的な参入は1950年代初頭の自転車補助エンジンブームを機に

オートバイ開発に乗り出したのは1952年から。

 

更に1955年には四輪軽自動車分野にも進出します。

 

四輪車の世界販売台数は第10位、国内販売台数は第3位。

 

二輪車の世界販売台数は第8位、国内販売台数は第3位。

 

船外機では販売台数世界第3位。

 

2020年度には国内販売台数が、

トヨタ自動車に次ぐ2位となります。

 

 

鈴木修さんの経歴は?

 

引用 https://driver-web.jp/

 

鈴木修さんは、

岐阜県益田郡下呂町(現在の下呂市)生まれ。

 

1953年3月中央大学法学部法律学科卒業。

 

中央相互銀行(現在の愛知銀行)入行。

 

1958年にスズキの2代目社長の鈴木俊三氏の娘婿となる。

 

旧姓は松田。

 

1958年 4月 スズキ入社。

1963年11月 取締役就任。

1967年12月 常務取締役。

1973年11月 専務取締役。

1978年 6月 代表取締役社長に就任。

2000年 6月 代表取締役会長(CEO)。

2008年12月 代表取締役会長兼社長(CEO&COO)。

2015年 6月 代表取締役会長(CEO)。

2016年 6月にCEO職を辞任、代表取締役会長のみを務めています。

 

スポンサードリンク

 

鈴木修さんの報酬額は?

 

2022年の役員報酬額は、11億7千2百万円。

 

前年は、1億4千9百万円で249位。

 

もっと知りたい、他の2022年役員報酬1億円以上人物トップ10

 

他の、2022年役員報酬1億円以上の人物トップ10はこちらで書いてます。

 

 

今回、鈴木修さんについて調べて見ました。

 

今後の活躍もまだまだ続きそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。