河合利樹「2022年役員報酬1億円以上第5位」の会社に経歴と報酬額を調査。

 

こんにちは、Takaです。

 

今回気になったのは、

2022年役員報酬1億円以上第5位の

河合利樹さんです。

 

2022年、役員報酬1億円以上663人で史上最多人数

今年新たに226人が登場しました。

 

そんな河合利樹さんは、いったいどこの企業

人物なんでしょう。

 

なので、河合利樹さんの企業や経歴と

報酬額を調べて見ました。

 

皆さん、一緒に確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

河合利樹さんの企業は?

 

東京エレクトロン株式会社

 

出典 https://ja.wikipedia.org/

 

東京エレクトロン株式会社は、東京都港区赤坂に

本社を置く電気機器メーカーです。

 

事業内容

半導体製造装置及びFPD(フラット・パネル・ディスプレイ)

製造装置、電子部品・情報通信機器の

産業用エレクトロニクス製品の製造・販売。

 

1963年11月、東京放送(TBS、現:TBSホールディングス)の

出資により、株式会社東京エレクトロン研究所を設立。

 

1968年2月、米国サームコ社との合弁会社、テル・サームコ株式会社

(後の東京エレクトロン東北株式会社)を設立。

 

1976年6月、テル・サームコが世界初の高圧酸化装置を開発。

 

1978年10月、株式会社東京エレクトロン研究所から

現社名の東京エレクトロンに社名変更します。

 

 

河合利樹さんの経歴は?

 

引用 https://tel-special.com/

 

河合利樹さんは、東京エレクトロン株式会社代表取締役社長。

 

一般社団法人日本半導体製造装置協会副会長。

 

大阪府出身。

 

生年月日 1963年8月26日 生まれ

 

出身高校 明治大学付属中野高等学校。

 

出身大学 明治大学 経営学部。

 

1986年東京エレクトロン株式会社入社。

 

事業企画部長、執行役員を経て、2015年代表取締役副社長に就任。

 

2016年1月から代表取締役社長。

 

日本半導体製造装置協会副会長兼務しています。

 

河合利樹さんは社外を除く11人の取締役の中で入社年次が最も若いです。

 

営業の担当が長く、副社長就任以降は東社長とともに

社内の組織作りを主導してきました。

 

スポンサードリンク

 

河合利樹さんの報酬額は?

 

2022年の役員報酬額は、16億6千5百万円。

 

前年は、9億2百万円で9位。

 

もっと知りたい、他の2022年役員報酬1億円以上人物トップ10

 

他の、2022年役員報酬1億円以上の人物トップ10はこちらで書いてます。

 

今回、河合利樹さんについて調べて見ました。

 

今後の活躍もまだまだ続きそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。