慎ジュンホ「2022年役員報酬1億円以上第1位」の会社に経歴と報酬額を調査。

 

こんにちは、Takaです。

 

今回気になったのは、

2022年役員報酬1億円以上第1位の

慎ジュンホさんです。

 

2022年、役員報酬1億円以上663人で史上最多人数

今年新たに226人が登場しました。

 

そんな慎ジュンホさんは、いったいどこの企業、

人物なんでしょう。

 

なので、慎ジュンホさんの企業や経歴と

報酬額を調べて見ました。

 

皆さん、一緒に確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

慎ジュンホさんの企業は?

 

Zホールディングス株式会社

 

出典 https://ja.wikipedia.org/

 

Zホールディングス株式会社は、

ソフトバンクグループ傘下の日本の持株会社です。

 

元々は1996年1月にヤフー株式会社として設立された企業ですが

2019年10月1日をもって会社分割により持株会社に移行し、法人名を改めます。

 

事業内容

グループ会社の経営管理、ならびにそれに付随する業務。

 

2019年のヤフー株式会社(初代法人)を中心としたグループの再編により

情報・通信事業部門(Yahoo! JAPAN事業)をヤフー株式会社(2代目法人)へ

吸収分割、さらに金融系の企業統括部門をZフィナンシャル株式会社へ

分割して持株会社に移行したもので、初代法人時代からの子会社を

中心としたグループ全体の経営機能を担います。

 

2019年11月18日に、LINEとの経営統合で合意。

 

親会社の汐留ZホールディングスがLINEの親会社である

ネイバーと、共同で株式公開買い付け等によりLINEを非公開化し

汐留ZホールディングスとLINEが合併の上、LINEが事業分割により

設立した事業会社をZホールディングス傘下に移動させるという手法で

経営統合が行われました。

 

 

慎ジュンホさんの経歴は?

 

引用 https://www.nikkei.com/

 

 

慎ジュンホさんは、

LINE株式会社代表取締役CWO。

Zホールディングス株式会社取締役 GCPO。

 

1996年に韓国科学技術院(KAIST)大学院電算学科修士を卒業。

 

大学院ではAIや検索技術を研究していました。

もともと韓国で独立系の検索のスタートアップ

「チョンヌン(初雪)」を立ち上げていましたが、

2006年に「チョンヌン」がNAVERに買収され

韓国で1年間プロジェクトを担当した後、2008年5月に来日します。

 

その後、いくつかの重役を歴任し

Zホールディングス株式会社取締役。

 

来日した当時は日本語がまったく分からなかったが、

日本の顧客を理解するべくネイバージャパン(現・LINE)の

社内公用語を日本語にしたため、日本語を一から学んだそうです。

 

人見知りでインタビューが苦手なため、

代表取締役就任以前はメディアに露出する

機会はほとんどありませんでした。

 

「リトル李海珍」「LINEの父」とも称されます。

 

スポンサードリンク

 

慎ジュンホさんの報酬額は?

 

2022年の役員報酬額は、43億3千5百万円。

 

前年は、ランク外。

 

もっと知りたい、他の2022年役員報酬1億円以上人物トップ10

他の、2022年役員報酬1億円以上の人物トップ10はこちらで書いてます。

 

 

今回、慎ジュンホさんについて調べて見ました。

今後の活躍もまだまだ続きそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。