アンドリュー・プランプ「2022年役員報酬1億円以上第10位」の会社に経歴と報酬額を調査。

 

こんにちは、Takaです。

 

今回気になったのは、

2022年役員報酬1億円以上第10位の

アンドリュー・プランプさんです。

 

2022年、役員報酬1億円以上663人で史上最多人数

今年新たに226人が登場しました。

 

そんなアンドリュー・プランプさんは、

いったいどこの会社(企業)、人物なんでしょう。

 

なので、アンドリュー・プランプさんの

企業や経歴と報酬額を調べて見ました。

 

皆さん、一緒に確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

アンドリュー・プランプさんの会社は?

 

武田薬品工業株式会社。

 

出典 https://ja.wikipedia.org/

 

武田薬品工業株式会社は、大阪府大阪市中央区と

東京都中央区に本社を置く日本の製薬会社です。

 

事業内容は、

医薬品、医療用医薬品その他化学製品ならびに前記各製品に関する

機械器具・装置の生産および販売などの製造・販売。

 

コンピューターによる情報処理サービス業、

ソフトウェアの開発、売買および情報提供サービス業。

 

事業支援ならびに経営に関する助言、指導および援助。

 

貨物自動車運送事業および貨物利用運送事業。

 

倉庫業。

 

出版業。

 

不動産の管理、売買および賃貸借。

 

前各号に関する付帯関連する事業。

 

スポンサードリンク

 

アンドリュー・プランプさんの経歴は?

 

引用 https://www.takeda.com/

 

 

アンドリュー・プランプさんは、武田薬品工業でリサーチ&デベロップメント

プレジデントで、取締役を務めています。

 

武田薬品工業に入社する前は、フランスのパリに拠点を置くサノフィ社で

リサーチ&トランスレーショナルメディスンのシニアヴァイスプレジデント

研究開発部門のデピュティプレジデントを務めてます。

 

サノフィの前は、メルク社のワールドワイドの循環器疾患領域(CV)

研究を率いるヴァイスプレジデントとして、CV研究、非臨床試験

トランスレーショナルサイエンスを統括。

 

マサチューセッツ工科大学(MIT)で理学士号(B.S.)

ロックフェラー大学のヤン・ブレスロー博士のもと心血管遺伝子学の博士号(Ph.D.)

さらにカリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)で医学博士号(M.D.)を取得。

 

UCSFで内科のレジデンシーとの遺伝医学のフェローシップを履修。

 

臨床研修後、UCSFでマーク・テッシェ-ラヴィーン博士とともに

ハワード・ヒューズとスタンレー・J.サーノフのポストドクトラル フェローとして

研修を受け、同時に遺伝医学部で非常勤の臨床講師を務める。

 

妻と三人の子どもとともにボストンで暮らしています。

 

アンドリュー・プランプさんの報酬額は?

 

2022年の役員報酬額は、9億1千9百万円。

 

前年は、9億1千百万円で8位。

 

もっと知りたい、他の2022年役員報酬1億円以上人物トップ10

 

他の、2022年役員報酬1億円以上の人物トップ10はこちらで書いてます。

 

今回、アンドリュー・プランプさんについて調べて見ました。

 

今後の活躍もまだまだ続きそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。