竹脇まりな(YouTuber)の夫ダーウィンに進められた宅トレとは何故人気?鍛えた美ボディーがヤバイ。胸カップに水着姿は?

こんにちは。 Takaです。

今回気になったのは、

YouTuberでフィットネスインストラクターの

竹脇まりなさんです。

竹脇まりなさんは、『宅トレを当たり前の世界に』として

宅トレYouTuberで活躍されてます。

そんな、竹脇まりなさんの宅トレが何故人気、身体はどうなんでしょう。

なので、竹脇まりなさんの夫ダーウィンに進められた宅トレとは何故人気?

鍛えた美ボディーがヤバイ。胸カップに水着姿は?

について気になりいろいろ調べて見ました。

みなさん、一緒に確認していきましょう。

スポンサードリンク

竹脇まりなさんの夫ダーウィンに進められた宅トレとは何故人気?

出典 https://thetv.jp/

竹脇まりなさんの簡単なプロフィールですが、

名前     竹脇まりな(たけわき まりな)

生年月日   1989年12月19日 生まれ

出身     秋田県

身長     161cm

体重     51kg

職業     YouTuber、フィットネスインストラクター

竹脇まりなさんは夫のダーウィンに進められた宅トレの

動画をYouTubeで配信するようになります。

夫のダーウィンさんとは、合コンで知り合い

交際に発展し、結婚なされたそうです。

そもそも竹脇まりなさんは、当初はニューヨークでの生活ぶりを発信しており、

フィットネス動画もコンテンツのひとつとして配信していただけでした。

その中でも自宅でできるエクササイズの動画が圧倒的に反響が高く、

ダーウィンさんからの提案で宅トレ動画に特化するようになったそうです。

これを機にダーウィンさんがチャンネルの企画・プロデュースを行うようになったようです。

ご主人の後押しから始まったのですね。

現在は、登録者数230万人を超え、総再生回数は約5億回も再生されている

大人気のユーチューバーです。

何故、ここまで人気が出たのでしょう。

先ずは、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出自粛要請や緊急事態宣言の影響により

「宅トレ」の需要が高まったことからチャンネル登録者数が急増したようです。

世間ではかなり、自宅でどのように過ごすか話題になりましたよね。

料理をするようになり、アレンジレシピや身体を動かす事が

メディアで度々放送されていますね。

そこで、竹脇まりなさんがテレビ出演などでメディアでの

露出が多くなりさらに人気がでたようです。

さらに動画同様、テレビでエクササイズを実践すると

楽しく、お手軽に出来ると評判になりました。

そんな、竹脇まりなさんの宅トレ動画がこちらです。

本当に、楽しく出来そうですね。

竹脇まりなさんの、声掛けなどが非常にやる気にさせてくれます。

また、筋トレ動画もあり道具を使っておらず

非常に分かりやすく解説されています。

実際に試してみましたが、効果てきめんです。

筋肉痛になりましたが、これなら続けられます。

スポンサードリンク

竹脇まりなさんの鍛えた美ボディーがヤバイ。胸カップに水着姿は?

竹脇まりなさんは、母親はフィットネスインストラクターをしており、

幼少時は母の仕事ぶり見て、将来は体を動かす仕事をしたいと考えていたようです。

大学進学を機に上京し、卒業後、大手金融関連企業に就職しましたが

2017年12月に退職し、単身でアメリカとインドに渡りヨガを習得しました。

将来は体を動かす仕事を、実現するためにとった行動ですね。

しかし、単身で海外とは凄いですね。

日本でも、習得出来たでしょうに。

本場で、学びたかったのでしょう。

そんな、竹脇まりなさんの鍛えた美ボディーは、

引用 https://www.instagram.com/

スタイル抜群ですね。

腹筋もヤバイです。

さすがインストラクター、これなら動画を見て実践しても

竹脇まりなさんのようになれるかもと、説得力があります。

カップサイズはどうなんでしょう。

引用 https://passmarket.yahoo.co.jp/

スリーサイズは、公表されていませんが

EカップかFカップではないでしょうか。

水着姿も、見つけました。

引用 https://hyple.jp/

お綺麗で、可愛いですね。

やはり、くびれもありスタイル抜群です。

今回、竹脇まりなさんについて調べて見ました。

今後の活躍もまだまだ続きそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

もっと知りたい、他のトレーナー

もっと知りたい、他のトレーナーはこちらで書いております。

もっと知りたい、原島美波(トレーナー)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする