カウズ(ブライアン・ドネリー)の経歴や彼女に結婚は?年収はいくら?現代アーティスト

こんにちは。 Takaです。

今回気になったのは、

現代アーティストのカウズさんです。

カウズさんは、

カウズ東京上陸!世界を席巻する人気現代アートの魅力!に出演されます。

そんな、現代アーティストのカウズさんはいったいどんな人物なんでしょう。

なので、カウズ(ブライアン・ドネリー)の経歴や彼女に結婚は?年収はいくら?

について気になりいろいろ調べて見ました。

みなさん、一緒に確認していきましょう。

スポンサードリンク

カウズさんの経歴は?

出典 https://olympics.com/

カウズさんの簡単なプロフィールですが、

名前      カウズ

本名      ブライアン・ドネリー

生年月日    1974年11月4日 生まれ

出身      アメリカ合衆国 ニュー・ジャージー州 ジャージー・シティ

出身校     スクール・オブ・ビジュアル・アーツ

カウズさんは、小学生の頃からグラフィティを始め、

1990年代初頭よりで知られるようになりました。

1990年代初頭となると、カウズさんは

ちょうど高校生ぐらいでしょうか。

その後、1993年にスクール・オブ・ビジュアル・アーツの門を叩き

1996年まで同校で学んでおります。

スクール・オブ・ビジュアル・アーツとは、

ニューヨークのマンハッタンにある芸術大学。

1947年に設立され、全米美術大学協会の加盟校です。

卒業後は、フリーランスのアニメーターとしてジャンボピクチャーズで働きます。

『101匹わんちゃん』『ダリア』『ダグ』などのTVアニメシリーズの制作で

背景の絵を描く仕事をしていました。

その後、グラフィティ・アーティストへの道へと進み

19歳の頃、日本にてバウンティハンターと初めての立体作品を手掛けています。

2000年代初頭には、目が×印になっているキャラクター「コンパニオン」を生み出します。

2002年、公式ウェブサイトを通じて自らの作品の販売を開始。

今では、大人気商品で入手困難になっています。

また、このキャラクターはユニクロともTシャツでコラボしてますね。

2008年より、エマニュエル・ペロタン氏が経営するギャラリーに所属。

そして、今回

KAWS TOKYO FIRST 国内初の大型展覧会が開かれています。

期間は、2021年7月16日(金)~10月11日(月)

会場は、森アーツセンターギャラリー

是非、行ってみたいですね。

カウズさんの彼女に結婚は?

カウズさんは、結婚されていて

女のお子さんが一人いらっしゃいます。

奥様の名前は、ジュリア・チアンさん

引用 https://champ-magazine.com/

娘さんのお名前は、サニー・ドネリーさん。

娘さんの画像は、見つける事ができませんでした。

その他の、年齢などに関しても情報がなく

家族については、謎だらけです。

海外の方ですから、日本への情報発信は

仕事以外されてないようですね。

スポンサードリンク

カウズさんの年収はいくら?

カウズさんは2000年代にはすでに成功していたアーティストであり、

現代美術シーンにおいても名は知られていましたが、

マーケットで急激に価格が高騰しはじめたのは、2010年代後半からだそうです。

カウズさんのフィギュアは、高いものでは6桁の値段がつきます。

大型のコンパニオンフィギュアの多くは、10万ドル以上で日常的に販売。

代表的な作品の中だと、その3倍の価格で売れるものもあります。

「Seein/Watching」のぬいぐるみ(2018年)のような、

あまり知られていない小さな作品でも、日常的に500ドル以上で売られています。

2017年5月、ニューヨーク近代美術館は200ドルのKAWS限定アクションフィギュアを発売。

また、イギリスのオークションハウス、フィリップスで2011年に制作した

KAWSのブロンズ製『コンパニオン』が41万1000ドルで落札。

2019年のアートネット・インテリジェンス・レポートによれば、

2017年のカウズさんの平均販売価格は42,272ドルから82,063ドルへとほぼ倍増。

2018年11月には、5つのKAWS作品が100万ドル以上で売れており、

年間を通してカウズさんの作品はオークションで

3380万ドル以上の売上を記録しています。

日本円で約37億円以上です。

想像を超えてなすね。

しかも、オークションだけですから。

これに、ネット販売もしてますし企業とのコラボもしております。

かるく、40億円はいっているのではないでしょうか。

あくまで、推測ですが。

今回、現代アーティストのカウズさんについて調べて見ました。

今後の活躍もまだまだ続きそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

もっと知りたい、他のアーティスト

もっと知りたい、他のアーティストはこちらで書いております。

もっと知りたい、光宗薫(絵画アーティスト)

もっと知りたい、河野真弓(チョークアーティスト)

もっと知りたい、大西拓磨(ニート)

もっと知りたい、エンドケイプ(バナナアート)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする