相葉マナブ出演の渡部昌平准教授の年齢や経歴にアイディアレシピは?

こんにちは。 Takaです。

今回、気になったのは

相葉マナブに度々アイディアレシピを投稿している

渡部昌平准教授です。

そんな、渡部昌平准教授はどんな人物なのでしょう。

なので、渡部昌平准教授の年齢や経歴にアイディアレシピは?

について調べて見ました。

みなさん、一緒に確認していきましょう。

スポンサードリンク

渡部昌平准教授の年齢は?

出典 http://www.koyoerc.or.jp/

渡部昌平准教授の、生年月日は公開されておりませんでした。

1994年に、大学を卒業されてますので

1971年(昭和46年)生まれだと予想されます。

そうすると今年(令和3年)で50歳になられるのでは、ないでしょうか。

渡部昌平准教授の経歴は?

1994年3月 国際基督教大学教養学部教育学科卒業

1996年3月 明星大学大学院人文学研究科心理学専修課程修了 修士(心理学)

1996年4月 労働省(当時)入省 札幌公共職業安定所、職業安定局、

職業能力開発局、沖労働局等

2011年4月 秋田県立大学総合科学教育研究センター准教授

資格

国家資格キャリア・コンサルタント、産業カウンセラー、

ガイダンスカウンセラー、上級教育カウンセラー

研究分野は、

人文・社会 / 教育心理学 / キャリアカウンセリング

人文・社会 / 教科教育学、初等中等教育学

を研究されています。

企業、教育のカウンセリングも行っています。

なんか、凄い経歴ですね。

テレビで拝見したことがありますが

気さくで、面白い方です。

とてもこのような、経歴の持ち主である事を思わせません。

学生達にも、人気があるのでしょう。

スポンサードリンク

渡部昌平准教授のアイディアレシピは?

「スルメイカの肝入り釜飯」

[材料](4~6人分)

米 3合

水 420mL

氷 120g

スルメイカ 2杯

しょうが 2片

塩 小さじ1

[作り方]

1 スルメイカは内臓や軟骨、クチバシを取り、肝、胴体、足に分けたら

胴体と足は塩(分量外)を揉み込んでぬめりを取り、洗って水気を拭いておく。

2 肝は分量の塩を振り、水分が出たらキッチンペーパーで拭き取る。

3 胴体を1〜2cm幅の輪切り、足を3〜4cmの長さに切る。

4 炊飯器の釜に浸水して水気を切った米、水、切ったイカを入れ、

中央に肝を置き、千切りにしたしょうが、塩、氷を加えて炊く。

引用 https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/recipe/210502

「ハンバーグ風釜飯」

[材料](4人分)

米3合

かつお昆布ダシ 370mL

しょう油 大さじ3

みりん 大さじ2

氷 120g

合い挽き肉 250g

玉ねぎ 1/2個

パン粉 大さじ2

牛乳 大さじ2

塩 小さじ1/3

コショウ 適量

ナツメグ 少々

セージ 少々

オールスパイス 少々

ケチャップ 大さじ1

中濃ソース 大さじ1

生パセリ 適量

粗びきコショウ 少々

[作り方]

1 玉ねぎをみじん切りにする。

2 炊飯器に浸水した米、かつお昆布ダシ、しょう油、みりんを入れて混ぜる。

3 玉ねぎ、合い挽き肉を加え、塩、コショウ、ナツメグ、セージ、

オールスパイスを挽き肉に振る。

4 ケチャップ、中濃ソース、牛乳に浸したパン粉を挽き肉の上にのせて、氷を入れて炊く。

5 炊き上がったら茶碗に盛り、パセリ、粗びきコショウをかける。

引用 https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/recipe/201011/

「天丼っぽい釜飯」

[材料](4人分)

米 3合

氷 120g

昆布ダシ 420mL

しょう油 大さじ1

みりん 小さじ1

ごま油 少々

玉ねぎ 1/4個

にんじん 1/4個

さつまいも 1/3個

しいたけ 4個

シーフードミックス 100g

揚げ玉 適量

青ネギ 適量

<たれ>

みりん 60mL

しょう油 20mL

おろししょうが 適量

[作り方]

1 玉ねぎは薄切り、にんじんは細切り、さつまいも、しいたけは1cm角に切る。

2 炊飯器に浸水した米、昆布ダシ、しょう油、みりん、ごま油、

玉ねぎ、にんじん、さつまいも、しいたけ、シーフードミックス、氷を入れて炊く。

3 鍋に、みりん、しょう油、おろししょうがを入れ、中火にかけて一煮立ちしたら火を止め、
たれを作る。

4 炊き上がったら揚げ玉を入れて混ぜ合わせ、

茶碗に盛り、たれをかけて揚げ玉、青ネギをのせる。

引用 https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/recipe/201227/

「かつ丼風釜飯」

[材料](4人分)

米 3合

かつお昆布ダシ 360mL

氷 120g

豚肉 250g

塩 適量

コショウ 適量

玉ねぎ 1/2個

しょう 油大さじ3

みりん 大さじ2

米油 大さじ1

パン粉 200mL

<スクランブルエッグ>

卵 3個

しょう油 大さじ1

みりん 30mL

水 大さじ2

[作り方]

1 フライパンに米油をひき、パン粉を加えてきつね色になるまで約5分炒める。

2 ボウルに卵、水、みりん、しょう油を加え混ぜ合わせ

フライパンに入れ、半熟のスクランブルエッグをつくる。

3 角切りにした豚肉に、塩、コショウをまぶす。

炊飯器に浸水させた米、かつお昆布ダシ、しょう油、みりんを入れて混ぜる。

4 薄切りにした玉ねぎ、スクランブルエッグ、豚肉、氷を入れて炊く。

5 炊き上がったら、炒めたパン粉をかける。

引用 https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/recipe/200816/

どれも、美味しそうですね。

〈まとめ〉

渡部昌平准教授の年齢

  • 大学卒業年度から今年(令和3年)で50歳になると思われます。

渡部昌平准教授の経歴

  • 1994年3月 国際基督教大学教養学部教育学科卒業
  • 1996年3月 明星大学大学院人文学研究科心理学専修課程修了 修士(心理学)
  • 1996年4月 労働省(当時)入省 札幌公共職業安定所、職業安定局、       職業能力開発局、沖縄労働局等
  • 2011年4月 秋田県立大学総合科学教育研究センター准教授

渡部昌平准教授のアイディアレシピ

  • スルメイカの肝いり釜めし
  • ハンバーグ風釜飯
  • 天丼っぽい釜飯
  • かつ丼風釜飯

今回、渡部昌平准教授について調べて見ました。

今後のアイディアレシピもまだまだ続きそうです。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする