安樂英行(激レアさん)の経歴に現在の職業(仕事)は何?出身高校や家族が気になり調査。

 

こんにちは。 Takaです。

 

今回気になったのは、

手作りヨットで太平洋一周した安樂英行さんです。

 

安樂英行さんは、6月13日(月)23:15〜放送の

「激レアさんを連れてきた」に出演されます。

 

そんな安樂英行さんは、いったいどんな人物なんでしょう。

 

なので、安樂英行さんの経歴に現在の職業(仕事)

出身高校や家族が気になり調べて見ました。

 

みなさん、一緒に確認していきましょう。

 

 

スポンサードリンク

 

 

安樂英行さんの経歴は?

 

出典 http://www.kumamoto-keizai.co.jp/

 

プロフィール

 

名前      安楽 英行(あんらく ひでゆき)

生年月日    1956年1月21日 生まれ

年齢      66歳(2022年6月時点)

出身      熊本県熊本市

趣味      ヨット、居合、ピザ焼き、料理

活動      社会活動、海外文化交流

 

安樂英行さんは、何故手作りヨットで太平洋一周を思いついたのでしょう。

 

夢の始まりは、1971年高1の夏休み、友人宅で集まっていた時の事でした。

 

安樂英行さんは、地球儀を回しながら

「南太平洋に行きたい」と口にした事が始まりです。

 

すると、「行こうか」「どうやって?」「ヨットがいいんじゃない」。

 

友人らと意気投合したそうです。

 

なんか、簡単なノリですね。

 

冒険とは思いつきや興味を持ち、やりたい

ということから始まりますからね。

 

しかし、普通はそこで終わってしまうのが

ほとんどでは、ないでしょうか。

 

安樂英行さん達は違いました。

 

実行に移します。

 

熊本日日新聞へ相談し、紙面を大きく割いて

新聞社も夢を後押ししたそうです。

 

引用 https://kumanichi.com/

 

そして安樂さんは、高校卒業と同時に兵庫県のヨット製作所に就職します。

 

造船技術を習得しながら、月給6万円のうち4万円を

造船費として積み立てたそうです。

 

友人2人も昼夜働いて費用を捻出し、3人でなんと700万円をためました。

 

月給6万円の時代に、700万円とは凄いですね。

 

今の時代、月給20万円だとすると約2300万円以上ですよね。

 

ついに1980年5月、ゼロから手作りしたヨット

「髭[ひげ]号」で同県西宮市を出航します。

 

航海では、いきなり台風によるしけに見舞われたそうです。

 

大型船とのニアミス、不審船の強制接舷などの危機も経験し

あと数秒のところで島にぶつかりそうになり、

とっさの判断で回避できた出来事は今考えても恐ろしく、

人生が変わった瞬間で、何か大きな力によって

『生かされた』と感じたと話しています。

 

米国西岸からハワイを経由して南太平洋の島々を回り、

念願の南十字星を見届け、太平洋を一周した形で1981年5月に熊本へ無事帰着。

 

手作りヨットで太平洋を一周の後、尚英企業に入社。

 

その後叔父の後を継いで社長に就任されます。

 

 

安樂英行さんの現在の職業(仕事)は?

 

安樂英行さんは、先ほども書きましたが

手作りヨットで太平洋を一周の後、尚英企業に入社。

 

2007年7月、尚英企業を退社。

 

その後、叔父の「株式会社ビック」を継いで社長に就任されます。

 

叔父の大野鐵行氏は、会長に就きます。

 

株式会社ビックは、ビル清掃管理業務などを行う会社です。

 

引用 http://www.kumamoto-keizai.co.jp/

 

 

安楽英行さんの社長の就任に伴い、

新事業としてハト飛来防止剤の施工を開始し

「株式会社あんらく」を設立します。

 

現在の職業は、『株式会社ビック・株式会社あんらく』の

代表取締役社長です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

安樂英行さんの出身高校は?

 

出身高校は、

私立九州学院高等高校。

 

熊本県熊本市中央区大江五丁目にある高等学校です。

 

多くのプロスポーツ選手や、著名人・芸能人が、

卒業されております。

 

プロ野球選手だけでも、20名以上いました。

 

また、柔道部・剣道部・自転車競技部などは

全国大会で優勝するなどスポーツの強豪校ですね。

 

また、私立九州学院中学校もあるため

もしかすると安樂英行さんは、この中学校を

卒業されているかもしれませんね。

 

 

安樂英行さんの家族は?

 

安樂英行さんの家族は、奥様と3人のお子様がいらっしゃいます。

 

それぞれの名前や年齢などは、分かりませんでした。

 

一般の方なので、公表される必要はありませんね。

 

安樂英行さんは、3人の子供を育てる中で夢を追いかける人生にも、

家族を守る人生にも、同じように「生きる力」が必要だと感じたそうです。

 

そこで、今の子ども達に自分の好きなヨットを通して人生を生きていく上で必要な

「生きる力」をもっと伝えていきたいと思い NPO 法人を設立しました。

 

【特定非営利活動法人くまもと青少年ヨット協会】です。

 

目的は、美しい海を有する熊本県において、青少年育成事業として、

ヨットを楽しみ親しむ活動の中で、自分の役割、責任感を学び、

さらに、海という大自然と触れ合うことで「生きる力」を育み、

社会に貢献できる人材を育成すること。

 

また、その大切な役割を持つヨットを普及させることを目的としてるそうです。

 

素晴らしいですね。

 

自身の手作りヨットで、太平洋一周の経験からですから

いろんな事が学べそうですね。

 

 

今回、手作りヨットで太平洋一周した安樂英行さんについて調べて見ました。

 

今後の活躍もまだまだ続きそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

もっと知りたい、他の激レアさんを連れてきた出演者

 

もっと知りたい、他の激レアさんを連れてきたはこちらで書いております。

 

岡田友梨(着痩せの神)

元レスリング選手で現在会社経営者

 

大和一朗(記憶喪失)

インスタント麺、7500種類以上を制覇

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。