林 真帆(バスケ)プロフィール?経歴?

こんにちは。 Takaです。

今回気になった人物は、バスケットボール選手

林真帆選手です。

林真帆選手のプロフィール、経歴は?

についていろいろ調べて見ました。

皆さん一緒に確認していきましょう。

いったい林真帆選手とは、どんな人物なのでしょうか?

〈目次〉

  1. 林真帆選手のプロフィールは?
  2. 林真帆選手の経歴は?

スポンサードリンク

1 林真帆選手のプロフィールは?

プロフィール
名前 林 真帆(はやし まほ)
生年月日 2020年2月22日
出身地 神奈川県
所属 東京医療保健大学
身長 174cm
ポジション S/G (シューティングガード)
背番号 #22

2 林真帆選手の経歴は?

林真帆選手は、どんな経歴をお持ちなのでしょう。

幼少期は、お母さんのバスケットボールクラブチームに

連れって貰いその時からボールに馴染んでいたようです。

バスケットボールを始めたのは、小学校3年生時に

ミニバスケットボールのクラブチームに入ったのが最初です。

中学は、地元神奈川県の公立中学校に通っており

部活としてバスケットボール部に所属しています。

中学生時代の戦績は

市大会までで、県大会は出ていません。

後でも書いていますが、今では想像がつきません。

高校はもっと強いチームでプレーを、しチャレンジしたいと

岐阜県バスケットボールの名門、岐阜女子高校に進学します。

岐阜女子校はインターハイ、ウインターカップで

毎年優勝争いに絡む強豪校です。

高校では1年で最後のウインターカップでベンチに入り。

2年生から試合に出始めました。

その後、キャプテンとなります。

最初は不安がありましたが、今は自分がキャプテンだと胸を張って言えるようになりました。

と、コメントしております。

三年生最後の大会インターハイ、ウインターカップともに

全国二位、準優勝しております。

全国制覇とはなりませんでしたが

立派な輝かしい成績ですね。

また林真帆選手、はシカゴで開催された

バスケットボールウィズアウト・ボーダー(BWB)

グローバルキャンプに参加しました。

NBAオールスター・ウィークエンドの一環として開催されたもので、

女子選手は世界から24人が参加。

日本から唯一選ばれた林真帆選手は、アメリカで、

世界の選手に交じってプレーをしました。

ここまでの経歴を見ると、最初に書きました

中学時代の事を見ると想像がつきませんね。

相当、努力なさったのでしょう。

高校卒業後は大学へと進学します。

こちらもインカレ(全日本大学選手権)で何度も優勝している

東京医療保健大学です。

一年生ながら、即戦力となりスターティングとして

活躍されてます。

〈まとめ〉

まとめますと、

林真帆選手は、お母さんの影響で幼少期より

バスケットボールに馴染む。

小学生時代より、バスケットボールを始める。

中学時代の戦績は市大会までで、県大会は出ていません。

強豪校、岐阜女子校へ進学。

インターハイ、ウインターカップと全国準優勝。

バスケットボールウィズアウト・ボーダー(BWB)

グローバルキャンプに参加。

大学は、東京医療保健大学は進学し

即戦力として活躍。

まさに、日本のバスケットボールを背負っていくプレーヤーですね。

今後の活躍に期待しております。

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする