まこつ(キャラ弁)の経歴や家族にギャルママの胸カップ画像は?プレバト

こんにちは。 Takaです。

 

 

今回気になったのは、

元ギャルモデルで猟奇的な愛妻弁当として

リアルすぎるキャラ弁が凄いと話題のまこつさん。

 

まこつさんは、プレバト!!

【俳句にミス東大参戦!傑作続出‼★新企画「お弁当アート査定」】

10月28日(木)19:00〜20:00に「お弁当アート」の

先生として査定出演されます。

 

そんな、まこつさんはいったいどんな人物なんでしょう。

 

なので、まこつさんの経歴や家族にギャルママの胸カップ画像は?

について気になりいろいろ調べて見ました。

 

みなさん、一緒に確認していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

まこつさんの経歴は?

 

出典 https://twitter.com/

 

 

まこつさんの簡単なプロフィールですが、

 

名前     まこつ

モデル時代  南真琴(みなみ まこと)

本名     木下裕子

生年月日   1983年12月5日 生まれ

出身     栃木県

血液型    O型

身長     159㎝

 

まこつさんは、3姉妹の末っ子として生まれ育ちます。

 

18歳で上京し。キャバクラで勤務。

 

2008年9月から『小悪魔ageha』に登場しモデルとしても活躍されます。

 

モデル名は『南真琴』という名前で活動。

 

ギャル全盛期の時代ですね。

 

当時ギャル語なるものが、流行りましたが

オジサンには、さっぱり理解不能でした。

 

2009年ギャル流行語大賞には

アゲ・サゲ、チョリーッス、的な

盛り、ムカTK、ガチ。

 

2010年ギャル流行語大賞には

アゲぽよ・サゲぽよ、なう

ゲットン、リア充、おつハムニダ。

 

何が何だか、さっぱりです。

 

ちなみに、私の若い時の流行語は

セクシャル・ハラスメント、デューダ(する)

オバタリアン、24時間タタカエマスカ

こんなん出ましたけど~、イカ天

などでした。

 

分かりますかね。

 

また、まこつさんはCMやテレビにも出演されています。

 

2009年にはKDDIの携帯電話機『T002』のテレビコマーシャルに出演。

 

テレビは、テレビ東京系のバラエティ番組『遠藤淳』に出演。

 

その後、ギャルモデルや芸能界を引退されます。

 

引退後は、結婚されて専業主婦として暮らします。

 

そこで、旦那さんのために作っている企業の商品や

ロゴを模したデコ弁をインスタグラムに投稿したところ

話題になります。

 

今話題の、猟奇的弁当ですね。

 

もともと手先が器用で、モデル時代から培った「のりアート」技術で

お料理がとても上手だったようです。

 

そして、2017年には作り方やテクニックなどを公開した

書籍「愛と憎しみを込めた旦那への猟奇的弁当」も出版しています。

 

引用 https://twitter.com/

 

 

本当に、凄いですね。

 

食べるのが、もったいないです。

 

旦那さんも、キャラ弁を職場に持って行ったら

必ず見られること間違いなしですね。

 

今日の弁当は、何かな?

と、毎日言われるでしょう。

 

それはそれで、大変なような気がしますが

自慢になるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

まこつさんの家族は?

 

まこつさんの家族は、ご主人と娘さんが二人の4人家族です。

 

ご主人の名前や、仕事などの情報がありませんでした。

 

しかし、まこつさんがご主人のために弁当を作って

おられる事から、会社員であると思われます。

 

娘さんは、まだ小さく上の子は幼稚園ぐらいでしょうか。

 

引用 https://www.nikkan-gendai.com/

 

 

とても、可愛いですね。

 

幼稚園でしたら、お弁当を持って行くことが

あるのでしょうかね。

 

幼稚園にも、よると思われますが。

 

もし、お弁当でしたらお友達から羨ましがられますね。

 

また、小学生になったら運動会に遠足とキャラ弁炸裂しそうですね。

 

自慢の、お母さんですね。

 

 

まこつさんのギャルママの胸カップ画像は?

 

引用 https://www.jprime.jp/

 

引用 https://www.shimotsuke.co.jp/

 

 

なかなか、露出のある画像がありませんでした。

 

娘さん二人いるとは、思えないほど若いですね。

 

ギャル時代の面影が、見えます。

 

 

今回、お弁当アートのまこつさんについて調べて見ました。

 

今後の活躍もまだまだ続きそうです。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

 

もっと知りたい、他のプレバト査定先生

 

もっと知りたい、他のプレバト査定先生はこちらで書いております。

 

もっと知りたい、エンドケイプ(バナナアート)

もっと知りたい、河野真弓(チョークアーティスト)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です